あこがれのソファーのある生活を実現したい!

家具としてのソファの役割

ソファの役割とは

「ソファの役割」を答えられないひとはいないでしょう。自分の体重をあずけ、ゆっくりとくつろぐためのものです。
しかし厳密に考えていくと、ソファの役割というのは、実はかなり多岐にわたっているのだと気づくはずです。

 

ソファというのは、単純に「座る」ためのものではありません。
ベッドにもなります。
これは何も、ソファベッドのことだけを指しているのではありません。ひざを置く部分に頭を預け、本を読みながら、ずるずると昼寝にひきづりこまれてしまった、というひとも多いのではないでしょうか。

 

ソファというのは、このように、「手軽な寝台」にもなり得るものなのです。

 

ソファのほかの役割を考える

このように、「居住性」をよくする家具としてソファは導入されますが、インテリア的な意味でも非常に重要です。
というのも、ソファが置かれる場所は、多くはリビングです。

 

ひとをもてなし、家族を癒し、団らんをつかさどる場所にあるこのソファというものは、その大きさゆえに、非常に目立ちます。
そのため、部屋全体のイメージに対して、かなり積極的に働きかけるアイテムである、と言えるでしょう。

 

テーブルや照明といった「大物」と一緒に、部屋の印象を決定づけるアイテムでもあります。そのため、部屋の内装にも関係してくるのです。
ソファは、多くの場合おとなしくて好き嫌いのないデザインが選ばれますが、私の知人では真っ赤なソファを選んだひともいました。